SyntaxHighlighter

2012年2月9日木曜日

tinyURL で、長い data スキームを処理させる

tinyURL で、長い data スキームを処理させる

忘れたらググればいい に書いてあったことを見て、こんなのを考えてみました。

原理上は、どのような長さの data スキームであっても、 tinyURL で短い URL に変換できるはずです (対応ブラウザなどは調べていません)。

こういうことを tinyURL がよいと思っているかどうか不明なので、 GitHub などには置きません。
自己責任でどうぞ。

長い data スキームであっても tinyURL で処理可能にするスクリプト

できること

原理上、どれだけ長くても tinyURL で data スキームへリダイレクトさせることができます。

例えば、前に作ってみた iPhone Safari 上で動くテトリスでは、 http://tinyurl.com/7zsxzglのようになります。

このリンクをクリックすると、 Loading... と出た後、 data スキームで記述されたテトリスの画面になります。

本題とは関係ないですが、このテトリスは、枠内を、フリック・タップすることで、移動・回転です。

手順

あらかじめ、任意の長さの data スキームに変換済みの HTML ページを用意し、以下のようなコマンドで、 URL が生成されます。

なお、 Ruby スクリプト test.rb は、記事の末尾につけておきます。

原理

概要としては、だいたい以下のようになります。

  • data スキームを短い断片に分割し、それぞれを tinyURL で短縮 URL にしておきます。
  • トップページとなる Loading 用のページを用意します。最終的に、このトップページを data スキーム化し、 tinyURL で短縮 URL にしたものにユーザーはアクセスします。
    このトップページでは、以下のようなことを行います。
    • JSONP を用いることで、動的に、分割した断片の data スキーム文字列を集めて結合します。
    • すべての文字列が結合されたら、 location.replace で、生成された data スキームにジャンプします。

実際には、リンクリストになるように、少し工夫した断片 tinyURL を生成したりしていますが、原理は以上のようなものです。

スクリプトでは、対象となる data スキームファイルを用意するだけで、上記をすべて自動で行ってくれます。

というような方法で、あらかじめ tinyURL を生成しておけば、 Twitter などでも容易に長いデータや画像などのやりとりができると思います。

なお、繰り返しておきますが、 tinyURL 側が、これを良いと思っているのかどうかは分かりませんし、私も推奨しているわけではありません。
あくまで、技術的にはこういったことができる、ということだとご理解ください。

なお、ターゲットとなる data スキームファイルは、以下のように、 data: なども付与した状態で作成しておいてください。

data:text/html;base64,PD94bWwgd...

以下にスクリプト test.rb 全文を載せます。 Ruby 1.8, 1.9 で動くはずです。

適当に作ったので、バグなどあるかもしれませんが、ご了承ください。

なお、このスクリプトは、プロキシ下の環境ではうまく動かないかもしれません。
get_tiny_url の中をプロキシ対応にするのと、12行目の length を短めにすると、うまく動作すると思います。

1 件のコメント:

  1. Did you know you can shorten your long urls with Shortest and make money from every visitor to your shortened urls.

    返信削除